シースリー 脱毛

自宅でどこまで出来る!?全身脱毛

全身脱毛というと、脱毛サロンや医療機関で脱毛をするイメージがありますが、
自分でするのは可能でしょうか。

 

まず、脱毛の方法は、カミソリ、毛抜き、脱毛テープ、除毛クリームやワックスなどが考えられます。
自分で手が届く範囲であれば、おススメはしませんが、カミソリや毛抜きでも処理が可能です。

 

全身脱毛はどこまで自分でできる!?自宅で行う全身脱毛・・・

 

カミソリは肌を傷めますし、毛抜きも毛穴が開いて、肌や毛穴が赤くなったり黒くなったり、
埋没毛の原因になることがありますが、手の届く範囲であれば、脱毛はできます。
ワキ、腕、足、お腹などでしたら、時間はかかるものの、脱毛は可能ですが、
剃り残しや抜き残しがどうしても出てしまうので、丁寧なチェックが必要になります。

 

同じように、脱毛テープも、広い範囲の脱毛をしたいとき、
比較的肌が弱くない部分の脱毛をしたいときに使用することができます。
肌にジェルやクリームを塗って、その上からシートを貼り、時間がたったら、一気にはがすというものです。

 

ただ、肌が弱い人は、毛穴が赤くなったり、肌を傷めたりしますし、
テープをはがすときに、痛みが走るので、苦手な人も多いです。
それに、脱毛をできる場所が限られるので、他の方法と併用することになります。

 

最後に、除毛クリームやワックスは、メーカーにもよりますが、
それだけでもほぼ全身使用できますし、他の脱毛法を併用することもできます。

 

脱毛をしたい部分に、クリーム(またはジェル)を塗り、時間がたったら、シャワーで流す、
またはヘラやティッシュで拭き取るというものです。

 

比較的肌への負担が少ないですし、背中の脱毛をする際の道具なども売っています。
背中の脱毛ができるのは、除毛クリーム以外はほとんどないでしょう。
また、デリケートゾーンの脱毛にもよく使われます。

 

以上、脱毛方法を説明しましたが、実際に自宅でできる全身脱毛は
できないことはないですが、限界があります。

 

時間も手間もかかりますし、脱毛できていない部分が必ず出てしまいます。
また、脱毛テープや除毛クリームの購入にはお金もかかりますし、自己処理は肌を傷める可能性も、
また生えてくる可能性が高く、あまりおススメはできません。