シースリー 脱毛

エステ、脱毛サロンで起こり得る肌トラブル

エステサロンでの脱毛は比較的安心できますが、
中には、脱毛の施術を受けることで肌トラブルを起こす人もいます。
それでは、じっさいにどんな肌トラブルが存在するでしょうか。

 

こんな肌トラブルに注意!エステの脱毛で起こり得るトラブル

 

一番多い肌トラブルは、ヤケドや皮膚の炎症です。
今は施術の技術も進んでいますし、エステで行われているのは光脱毛なので、
ヤケドになることは多くはないのですが、日焼けをしていたり、肌の状態が悪い時に、
施術を受けたりすることによるトラブルもあるので、気をつけないといけません。
(エステサロンでは、日焼け直後での施術を断っているところが多いです)

 

皮膚の炎症は、脱毛機器による肌の炎症で、脱毛をした部分がひりひりしたり、
肌が赤くなったりするものです。

 

これは個人差があるので、感じない人がほとんどですが程度の違いはあるものの、
少なからず皮膚の炎症は起こっていると考えてください。

 

また、脱毛後に、毛穴に雑菌や老廃物が溜まり、肌が炎症を起こすこともあります。
この場合、白や黄色の膿をともなうニキビのような吹き出物が出ます。

 

ワキ脱毛後のトラブルで多いのは、多汗症です。
ワキ脱毛が終わった後で、多汗症になる人はわりといて、
ワキ汗や汗の匂いが気になるようになったという人もいます。

 

毛穴に生えていた毛がなくなることで、汗が出やすくなり、
毛穴に雑菌がつまると、匂いの原因になることもあります。

 

また、通常エステでの脱毛の際は、保湿と痛みを軽減するためのジェルを塗ることが多いですが、
脱毛後に肌が乾燥して、かさかさになってしまうこともあります。

 

この場合、病院に行かなくても、保湿剤やクリームなどを塗ることで対処できますが、
かいたりして、痛みを感じるようになったら、病院に行った方がいいです。

 

以上のように、脱毛の施術後、施術部分に痛みを感じるなどしたら、
すぐに皮膚科に相談してください。

 

また、最初のカウンセリングの際に、敏感肌やアトピーなどの症状がある場合には
あらかじめスタッフに相談をしておく、施術の際に、肌の状態が悪い場合には自己申告をするなどで、
トラブルに遭う可能性を減らすことができます。