シースリー 脱毛

脱毛サロンでワキガは治るのか!?

ワキ脱毛をしたら、ワキガが治るといううわさがあるのをご存知でしょうか。
一方で、ワキ脱毛をすると、ワキガになるといううわさを耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。
実際はどちらの意見が本当なのでしょうか。

 

騙されるな!脱毛したらワキガが治るという噂・・・

 

まずワキガの仕組みについて、説明します。
汗が出てくる汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺という2つがあるのですが、
アポクリン腺から出てくる汗に雑菌が交ざると、ワキガの匂いを引き起こす原因になります。

 

このワキガの原因となっている雑菌は、ワキ毛の毛根に多く存在します。
この雑菌が繁殖することで、強い匂いがして、ワキガになります。
ワキ脱毛をすると、毛穴が引き締まるので、雑菌が減り、
少し匂いが少なくなることがあるかもしれません。

 

また、ワキ毛が生えていると、ワキ毛に匂いがつきやすいので、
ワキ毛がなくなると、匂いは多少減るでしょう。
しかし、実際に、ワキ脱毛でワキガが治るというわけではありません。

 

また、一方で、ワキ脱毛の後で、ワキガになったという意見については、
実際にワキガになったり、匂いが強くなったりしたというわけではないですが、
ワキ脱毛をした後で、汗をかきやすくなったという人はわりといます。
汗をかきやすくなったということで、汗の匂いが気になり、
ワキガになったのでは?と考える原因になっています。

 

そんな理由で、ワキ脱毛をすると、ワキガになるといううわさにもつながっています。
毛穴に老廃物がつまったり、雑菌が入ったりすることで、匂いが強くなったと感じることもあります。
また、汗が服について、匂いがすることもあります。

 

実際に、脱毛をしたからと言って、ワキガが治ったり、ワキガになったりということはありません。
ワキガが気になる人は、ワキ汗用のパットを使ったり、制汗スプレーを利用したりして、
ワキガ対策をするしかありません。

 

ワキガの治療がてら、ワキ脱毛をしようというのは間違いなので、
本当に治療をしたい人は、病院でワキガの治療をするようにしてください。